ビジネス

発明の内容は秘密に

■特許出願時の注意点
特許庁のホームページには、「1.出願は一刻を争います」と、注意事項として挙げています。
現在日本の特許法では、先願主義といい、早く特許出願した者が権利を得ることができる制度を採用しています。… Read more

男女

自分で申請する方法

特許申請もしくは特許出願の仕方や方法には、発明者自身が書類を作成し、申請される選択肢があります。
ただ、さきほど説明したようなことから、発明者自身が出願書類を作成することは実際難しく困難です。… Read more

机上

概要

■特許申請、特許出願
特許申請、もしくは特許出願を行う目的は、自分(自社)が思いついた新しい技術や新商品などの発明について特許権を得ることです。
一般的に特許権は、周囲に無関係に権利者のみが独占的に発明することができる強い権利です。
正当な理由がない限りは、他人もしくは他の会社などが特許発明を実施するとその権利を侵害することになります。
特許権が侵害された場合、権利を持っている人間が発明の実施をやめるよう請求することができます。
また、ふとうな 利権の返還を請求できたり、損害の賠償を請求することもできます。
ケースによっては、侵害罪として刑事上の責任を追求できる可能性があります。… Read more